石垣島の居酒屋と言えば「マグロ専門居酒屋ひとし」と島民含めて皆口を揃えて言います!

 

そんな超人気居酒屋に行けずに終わってしまうなんて悲しいですよね?

本来であれば事前に情報を集めて「予約」を入れて置くのがベストな方法ですが、現地に言って地元の方々に聞いたらみんなが「居酒屋ならひとし」だねぇーっと教えてくれてその魅力に惹かれる方が少なくありません!

 

・・・・とは言え残念ながら現地で直接「居酒屋ひとし」を予約できる可能性は3%位です。

 

行きたいのに行けない!!

なんだかせっかく仕入れた情報なのに・・・これでは完全な生殺し状態・・・どうにかして「居酒屋ひとし」に行くことは出来ないのだろうか?どんな手を使ってでも!どんな手間をかけてでも居酒屋ひとしに行くんだ!

 

今日はそんなあなたの悩みを解決する最高の記事内容になっています♬

 

 

マグロ専門店・居酒屋ひとしに予約無しでも入れる方法!成功率67%

 

この方法は石垣島で接客業で20年を過ごした記者が実際にお客様に実践して頂いて成功してきた内容を公開しています!

 

はっきり言うと現地で出会ったお客様以外には「絶対に教えたくない方法」

特にネットでは一瞬で内容が広がってしまう恐れがあり、この方法が蔓延してしまう可能性が高く「本気でこの記事を書くことをずっと躊躇していました」。

 

なのでこの記事の内容は絶対に「あなたの言葉」で誰かに伝えないでください!!

 

どうしてもこの記事内容を誰かに伝えたい場合は直接この記事にアクセスして頂くようにお願い致します・・・本当に記事にしたくなかった情報なので「約束を守って頂ける方」のみ記事を読みお進み下さい。

 

居酒屋ひとし本店!居酒屋ひとし石敢店に現地で入店する最終方法の暴露

 

まずは知っておかなければならない事があります!

 

それは「マグロ専門」と店名に含まれていますがマグロだけを扱っている店舗ではありません。

すべの料理のレベルが石垣島の他店の上を行っていて、お値段は同じラインでいる正統派の美味しい居酒屋さんでもちろん「沖縄料理」も間違いなく美味しい♬

 

さてそろそろ前置きはやめて本題の「居酒屋ひとし」に入る方法をお教え致します。

 

まずは最初に居酒屋ひとしに挑戦する最強の方法は「事前予約」です。

これが出来れば間違いないのですが・・・ネットで調べただけではなかなかそこまでの魅力を感じることは難しいかと思います!何故なら口コミって意外と同じような事ばっかり書いていて「差」が見えないんですよ。

 

なので現地にきて地元の人間の口々に「居酒屋ひとし」の名前が出てきて行きたくなる。

 

このパターンが観光客の王道パターンです。

とは言え残念ながら現地で直接電話をして予約を取れればかなりラッキーだと言えるでしょう!シーズンオフなどの平日であれば入れる可能性は高いのですが、シーズンインした石垣島の観光客数をなめては行けません(笑)

 

年間120万人の来島者がいる島ですので♬

 

石垣島の超人気!居酒屋ひとしに入る具体的な方法

 

前章で話しました「事前予約」が出来なかった時こそこのブログのネタが力を発揮します!

 

まずは「予約が出来ても」「予約が出来なくても」とにかく電話で「空けば予約」を入れる♬

空けば予約とは「突然のキャンセル」や「時間になっても連絡なくこないお客」がいた時に居酒屋ひとしが使っている「キャンセル待ち予約」です。

 

まずは基本としてこの「空けば予約」を入れてさらに以下の実践をして下さい!

 

あなたが実践するべきことはお店に予約しているお客さんがどう動くかを予想することです。

この予想をするだけでかなり現地で直接入店できる可能性が高くなって来ます!つまりどう言う事かと言いますと「人が動く時間」を狙って直接お店を訪れるのが、現地で予約なしで入店できる最大で最強の技になります!

 

「行くだけ!?」・・・なんだよ!!

 

っと思いましたか?しかし実際にお店まで直接行くと言うのは思いの外しんどい事なので、ほとんどの方が実践まですることはほぼありません!!

 

そうなんです!行けば入れるかも!だけどメンドくさい。

これが盲点になっていて「実際に来店して入れるかも」と言う行動はほとんどの人がしないので、そこに大きなチャンスが眠っていた訳です♬もちろん何も考えずに来店だけしてもそれは「ほぼ門前払い」となってしまいます。

 

次は実際に来店する際のおすすめの方法などをお伝えします。

 

居酒屋ひとしの予約の穴を見つけて現地で直接入店する具体的な方法

 

居酒屋ひとしに現地で直接入店する為には以下のことを知っているとその成功率は格段に上がります!

 

居酒屋ひとしの予約の半数以上は「観光客」であると予測をする。

観光客は「早い時間」に予約を入れる事が多く「開店時間」から1時間半で予約をするのが多い・・・つまり開店する17時から18時30分は観光客が多くこれ以降は地元のお客が混ざりさらに人が多くなると言う事です。

 

つまり18時30分以降は長く滞在するお客が増えると言う事。

 

この事から現地で予約を取ろうとしても電話すら繋がらないのはこの為です。

もっとも混み合い電話も出ない時間が19時から20時・・・なのですが実はこの電話に出ない時間こそがゴールデンタイムの開始となります。

誰でも考えますが「電話も出ないくらいに忙しい=入店できない」と思いますよね!?しかしこの誰もがそう思うからこそチャンスが生まれています!どういことかと言うとこの時間にワザワザ足を運ぶ人は少ない!っと言う事です。

 

つまりこの時間は予約しているお客さんしかお店にほぼ来ない!

 

特に居酒屋ひとし石敢当店(2号店)は席数が半端ない。

これだけの席数を抱えた店舗に「100%予約通り」にお客さんが来ると思いますか??・・・答えは簡単ですね・・・来る訳ないんです!予約してたことを忘れた人・時間に間に合わなくなった人・もう様々な事情が絡み必ず空きが出るんです。

 

でとはいえ基本的には事前にキャンセルがわかった場合は「空いたら予約」をしてくれている人が優先して案内されます。

 

ですがキャンセルする人のほとんどが「何の連絡もしてこない」現状があります。

まぁー最低の人間ですが・・・今回は目をつぶりましょう!何故ならそんな人のおかげで入店できるのだから♬居酒屋ひとしとしても「連絡ないキャンセル」に関しては「来るかも知れない」がある為に「予約時間から15分」は来なくても待ってくれるか電話で連絡をくれます。

 

そこで「電話に出ない」か「15分経過」した場合は空きが出るのです。

 

この空きこそが狙った空きな訳です!

通常であれば「空いたら予約」の方に電話で連絡が入りそこでまた予約が埋まってしまうのですが、突然のキャンセルの場合は次の方の予約時間もある為「電話で確認して更に来店を待つ余裕はないんです」・・・そりゃぁそうですよね。

 

そこで行われるのが「現地にいる人」に「時間限定入店」。

 

時間は1時間やそこらになってしまうのが寂しいですが品物が出てくるのも早いので何の問題ありません。

むしろダラダラしないで済むので美味しく沖縄料理を頂いてその後は小洒落たBarで飲んだりするのも楽しいですよね♬